ヨーカ堂、AIが商品発注 9月から全店8000品目
【イブニングスクープ】

2020/8/28 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂は人工知能(AI)が商品の発注作業を担うシステムを、9月1日から全店に導入する。菓子や冷凍食品、酒類など食料品の6割にあたる8千品目が対象。実証試験では発注にかかる時間が3割減り、欠品率も2割下がった。デジタル技術の活用で現場作業の負担を軽減すると同時に、発注業務の精度とスピードを向上させる。

AIが各商品の価格や陳列状況、気温、降水確率、セール…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]