/

この記事は会員限定です

大潟村あきたこまち生産者協会、アジアにコメ輸出

地域発世界へ

[有料会員限定]

コメの産地直送や加工品を手掛ける大潟村あきたこまち生産者協会(秋田県大潟村)はコメの輸出に本格的に乗り出した。佐川急便の物流網を使い、商社を通さないことで販売価格を3~4割安くした。2021年にはパックご飯の新工場が稼働。米粉を使ったパスタや甘酒など様々な形でアジアに広がりつつある。

「日本で食べたコメと同じでおいしいですね」。19年12月の台湾・台北市。現地で日本の食材を扱うオリジンズ・フーディ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン