/

アサヒグループ ビール工場排水でバイオガス発電

アサヒグループホールディングスがビール排水由来のバイオガスを使う燃料電池(右手前)

アサヒグループホールディングスはビール工場の排水から発生するバイオガスを使って燃料電池で発電する実証事業を10月に始める。バイオガスを精製して不純物を取り除く独自技術を活用し、これまで困難だった長時間連続の発電を可能にした。工場排水由来のバイオガスを燃料とした発電技術の確立を目指す。

研究子会社のアサヒクオリティーアンドイノベーションズ(茨城県守谷市)がアサヒビール茨城工場(茨城県守谷市)で取り組む。三菱日立パワーシステムズ(MHPS、横浜市)が発電効率の高い固体酸化物形燃料電池(SOFC)1基を納入。三井住友ファイナンス&リースが実証事業全体を取りまとめる。

発電出力は200キロワットで、一般世帯約350戸分の年間消費電力に相当する約160万キロワット時の発電を見込む。

バイオガスは生ごみや下水処理場で出る汚泥などを発酵・分解させることで発生する可燃性ガス。生物由来の資源であるため、二酸化炭素(CO2)の排出量としては「カーボンニュートラル」に分類される。SOFCが稼働すると年間1000トン程度のCO2削減が見込めるという。

バイオガスを使った燃料電池による発電はガス内の不純物により発電効率が落ち、長時間運転が難しかった。今回はガス精製技術で不純物を除去する仕組みを導入し効率の向上を図った。

2020年10月から21年12月までに1万時間の連続稼働を目指す。22年3月に実証を終え、結果を踏まえて同社の工場などへの導入を検討するという。特許は取得せず実証の結果を公表することで社会実装を促し、導入コストの低下も狙う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン