社民党首「臨時国会開き、説明責任を」 首相辞任意向

2020/8/28 16:45
保存
共有
印刷
その他

社民党の福島瑞穂党首は28日、安倍晋三首相が辞任する意向を固めたことについて「臨時国会をすぐに開いて、安倍首相は(森友問題などの)説明責任を尽くすべきだ」と述べた。「今までの政治を根本的に変えなければならない。コロナ禍だが、解散総選挙をやって国民の民意を問うべきときだ」とも話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]