英国の先行き占う対日通商協定
英フィナンシャル・タイムズ前編集長 ライオネル・バーバー氏

2020/8/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本と英国の新たな通商協定の交渉は最終局面に入ったが、今までは歌舞伎(芝居)のような調子で進んできたといえる。最初はゆっくりと、互いに腹を探り合った。日本が正式合意の目安としてきたとされる9月が近づくにつれ、ペースは加速した。しかし12月までに正式合意しなければ、波乱の展開となり、英国が痛い目を見る幕切れを迎えるかもしれない。

正式合意にこぎ着けられる見通しはある。茂木敏充外相は8月上旬、英国を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]