国際仲裁、日本でしやすく
企業法務 変わる制度(6)

2020/8/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

改正外国弁護士特別措置法(外弁法)が29日に施行された。企業の国際取引拡大で海外企業との紛争が増えるなか、外国の弁護士が国境をまたぐ企業間の紛争を日本で扱いやすくするのが狙いだ。仲裁の地として日本を選びやすくなる。

改正により紛争の当事者双方が日本企業であっても、どちらかの親会社が外国企業であったり、紛争解決の準拠法が外国法であったりする場合には「国際仲裁事件」として扱われることになった。外国の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]