多様なコロナ条例が映すもの(時流地流)

斉藤 徹弥
編集委員
2020/8/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

◆9月1日、鳥取県でクラスター対策条例が施行される。新型コロナウイルスで5人以上の集団感染が発生した場合、店は営業を停止し、PCR検査など積極的疫学調査に協力しなければならないと義務付けた。店が感染の疑われる人に連絡できない場合、県は店名や感染状況を公表する。一定の強制力を持って対処できる体制を整えた形だ。

◆県民アンケートでは9割が条例案を支持したが事業者には慎重論があった。県議会は事業者への配慮…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]