/

この記事は会員限定です

金高騰はバブルか

一目均衡 編集委員 志田富雄

[有料会員限定]

今年の夏、もっとも注目を集めた投資商品は金かもしれない。ドル建ての国際相場は9年ぶりに史上最高値を更新して一時は1トロイオンス2000ドルを突破。国内の小売価格は消費税を抜いた水準でも1980年の最高値を超えた。

市場で強まる先高観測や、急角度に上がるグラフを眺めると上昇相場の末期という雰囲気も漂う。しかし、金市場をとりまく経済環境を見わたせば、投資マネーが金に向かう理由は納得できる。

金の立場が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン