/

福岡県の不動産 地価DI初のマイナス、鑑定士協会調べ

福岡県不動産鑑定士協会は2020年上半期(1~7月初旬)の県内の地価動向を示す景気動向指数(DI)がマイナス19.4だったと発表した。19年下半期に比べて約40ポイント悪化し、2015年の調査開始以来、初めてマイナスとなった。20年下半期についても、予測DIはマイナス49.4と大幅な悪化を見込んだ。

調査は半年に1回実施し、今回は4~5月末に県内の不動産事業者に聞き取り調査し、698社から回答を得た。地価について「上昇」「横ばい」「下落」の三択で回答してもらい、各回答率のうち「上昇」から「下落」をひいた値をDIとして算出した。

緊急事態宣言が発令した直後に調査を始めた影響で、福岡市や北九州市、久留米市など地域を問わずDIは悪化した。同協会は「今回が一番底と捉えるべきだが、今後市況がV字回復するかは不透明だ」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン