/

この記事は会員限定です

まず現地に行ってみる 作家 佐々木譲

[有料会員限定]

自分の仕事のうちでも、取材旅行の部分が楽しい、という同業者は多いはずだ。

基本的に小説家は居職であり、仕事場に引きこもっているのが常態である。だから、ほかの職業人よりもずっと、外に出る、何かを見に行く、旅行をする、という非日常が切実な欲求となる。

わたしの場合、日本の歴史の中世から近代まで、あまり知られていない人物や局面を意識的に取り上げ、取材して書くことが多い。その仕事の中でもいちばん楽しんでい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン