/

この記事は会員限定です

棄権撤回の大坂なおみ、決然の行動に先人あり

(更新) [有料会員限定]

米ウィスコンシン州で黒人男性が警官に銃撃されたことへの抗議として、テニスの全米オープン前哨戦ウエスタン・アンド・サザン(W&S)・オープンの準決勝棄権を発表した大坂なおみ(22、日清食品)が一転、28日に行われる準決勝への出場を表明した。

「米国テニス協会(USTA)と女子テニス協会(WTA)と相談し、出場してほしいという要望に同意した」。大坂はマネジメント会社を通じて声明を出した。棄権を表明して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1704文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン