10/23 21:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,516.59 +42.32
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,490 -10

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

VIX先物高が示す米金融政策リスク

2020/8/28 9:03
保存
共有
印刷
その他

ジャクソンホール会議(オンライン形式の経済シンポジウム)でのパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演は、市場にとって満額回答にはならず、米株式市場ではダウ工業株30種平均が上昇、ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数が下落とまちまちの結果だった。

長期的に平均でインフレ率が2%を超えてもゼロ金利維持ということだが、年内にコロナ禍が急激に再悪化した場合には、有力な金融政策手段はほぼ尽きている。市場が期待していた量的緩和増額も明示されなかった。財政政策頼みとならざるを得ない。その財政支援政策はいまだに共和党と民主党が折り合わず、議会は夏休みに入っている。既に、週600ドルの失業保険特別追加給付は期限切れとなり、消費者信頼感指数は下落した。

マーケット指標としては、米国株の変動性指数(VIX)が5%上昇して24となった。VIX先物の動きはさらに不気味だ。10月物が31、11月物が30と「危機ライン」に達している。米大統領選挙を控え、市場は波乱を懸念している。

債券市場では、インフレ期待を示す10年債利回りが0.75%まで上昇したが、政策金利と相関が強い2年債利回りは0.16%と前日比でほぼフラットである。この長短金利の動きに外為市場も揺れた。当初ドル安で反応したが、その後ドル高に転じたのだ。円相場も一時105円台まで円高が進行したが、結局106円台半ばまで円安となった。パウエルFRB議長が、平均でインフレ率2%超を容認とのことだが、その平均とは、どの程度の期間なのか、いまだ不透明な部分も残る。パウエル氏は「特に数式があるわけではない」とも語り、金融政策の一定の自由度は確保したが、マーケットは当面の方向感を模索中だ。

そもそも、ジャクソンホールの中央銀行フォーラムを米国金融政策変更発表の場としたことが異例だ。そこで9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の注目度が増してきた。

8月も月末が近づき、いよいよ9月相場入り、というタイミングでの「歴史的」とも言われる米国金融政策変更は市場に波紋を広げている。

豊島逸夫(としま・いつお)

 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版 : 日経BP
価格 :1045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ