/

トランプ氏「史上最高の経済を再び」 指名受諾演説

(更新)

【ワシントン=永沢毅】米共和党の大統領候補に指名されたドナルド・トランプ大統領(74)は27日、ホワイトハウスで指名受諾演説に臨んだ。大統領選で再選されれば「史上最高の経済を再びつくり上げる」と強調した。「かつてないほどに米国を偉大にしてみせる」と述べ、「米国第一」の継続に支持を呼び掛けた。

共和党の全国大会は27日、4日間の日程を終えて幕を閉じた。共和、民主両党の正副大統領候補が正式に決まり、トランプ氏と民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)が対決する大統領選は11月3日の投開票日に向けて終盤に入る。

トランプ氏の演説は1時間超に及んだ。今回の大統領選を「アメリカンドリームを守るか、社会主義で米国の運命を破壊するかを決める選挙だ」と説明した。バイデン氏を「社会主義の『トロイの木馬』だ」とみなし、急進左派の影響を受けていると批判した。

バイデン氏が中国の台頭を支援してきたとして「米国の雇用を破壊してきた」と決めつけ、同氏が掲げる増税計画は「改善に向かっている経済を破壊する」と警鐘を鳴らした。一方で自らは「これまでにないレベルの減税や規制緩和に取り組み続ける」と述べ、中国から米国に雇用を戻した企業への税額控除などを通じて経済の再生を目指す方針を強調した。

中国に関し、制裁関税などを念頭に「私は米国の歴史で最も大胆で厳しい打撃を中国に与える措置をとってきた」と強硬姿勢をアピールした。新型コロナウイルスのワクチンを年内に供給すると力説し、「ウイルスを打倒し、かつてなく強くなって立ち上がる」などと述べ、自らの対応を正当化した。

中西部ウィスコンシン州での警官による黒人男性への銃撃を受けて激しくなっている抗議デモにも言及した。「私たちはいつも法と秩序が必要だ」と訴え、厳しく取り締まる方針を示した。

共和党大会は南部ノースカロライナ州シャーロットで開かれ、ホワイトハウスから演説に臨んだトランプ氏は政権幹部や支持者を多数招待した。米メディアによると、聴衆は1500人にのぼった。大半はマスクを着用せず、社会的距離(ソーシャルディスタンス)も確保していなかった。ホワイトハウスからの演説には、民主党から政治利用だとして批判の声があがっている。

トランプ氏は党大会初日の24日に正式に指名を受けた。各種の世論調査ではバイデン氏の後じんを拝しており、終盤で挽回を図ろうとしている。28日には東部ニューハンプシャー州で選挙集会を開くほか、週末にはハリケーン「ローラ」の被害を受けた南部テキサス州などを訪れて露出を増やし、有権者にアピールする。

大統領選は全米50州と首都ワシントンで538人の選挙人のうち、過半数(270人)を獲得した候補が当選する。大半の州で1票でも多く得票した候補が全選挙人を獲得する「勝者総取り」方式をとる。今回は中西部ミシガンや、東部ペンシルベニアなど6州が勝敗が読みづらい激戦州として注目されており、両陣営ともこれらの州への働きかけを強めている。

米大統領選

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン