/

この記事は会員限定です

大統領選で試される企業の政策対応力

米州総局 中山修志

[有料会員限定]

27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は160ドル高と続伸し、2万8492ドルで取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長がジャクソンホール会議でゼロ金利政策を当面維持する考えを示し、JPモルガン・チェースなど金融株に買いが集まった。動画配信アプリ「ティックトック」の買収でマイクロソフトと組むと報じられたウォルマートも前日比5%高と値を上げた。

共和党の全国大会は27日に最終日を迎...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン