/

この記事は会員限定です

EV普及にらみ新車競争 ホンダなど、海外勢に対抗

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大で世界の自動車市場が縮小する中、自動車各社が電気自動車(EV)の投入を急いでいる。ホンダトヨタ自動車など日本勢は2020~21年にかけEVを相次ぎ販売。先行する米テスラや中国勢を追撃する。補助金など各国のEV普及策も需要を下支えするEV市場で競争が激しくなってきた。

ホンダは27日、初の量産型のEV「ホンダe」を10月30日に国内で発売すると発表した。1回のフル充電での航続距...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン