/

iPS心筋細胞 慶応大、年度内に臨床研究

慶応義塾大学の福田恵一教授らは27日、iPS細胞から作った心臓の筋肉(心筋)の細胞を使い、心臓病の治療を試みる臨床研究を始めると発表した。厚生労働省の部会が同日、計画を了承した。2020年度内に最初の移植を目指す。iPS細胞を使った心臓病の臨床応用は大阪大学に次いで国内で2件目となる。

福田教授は同日、ビデオ会議システムで記者会見し「重症心不全は心臓移植以外に画期的な治療法はなかった。これを打破したい」と語った。

計画は「拡張型心筋症」という重い心臓病の患者が対象。心臓の壁が薄くなり血液を押し出す力が弱まる病気で、福田教授によると国内に2万5千人の患者がいる。

京都大学iPS細胞研究所が健康な人の細胞から作ったiPS細胞を心筋の細胞に育てたうえ、特殊な注射針状の器具で患者の心筋内に移植する。対象となる患者は3人の予定だ。

研究グループによると、心筋の内部に移植した細胞は血中の免疫細胞に触れる機会が少なく、拒絶反応が起こりにくいとみられる。さらに、移植する細胞と患者の免疫の型「HLA」を一致させて免疫反応を抑え、長期にわたって治療効果が期待できるという。

1年間かけて経過を観察し、移植した細胞や移植方法の安全性を確かめる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン