台湾、対中投資を事前審査 半導体関連で義務付け

アジアBiz
2020/8/27 20:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=中村裕】台湾当局は、半導体設計などのハイテク企業が中国大陸で投資する場合の事前審査を義務づける。今秋から、技術移転にからむすべての投資案件を対象とする予定。従来は事後の届け出などで済ませていた。中国大陸への技術流出に歯止めをかける。対中圧力を強める米国と連携する狙いもにじむ。

台湾の経済部(経済省)が主導して改正案をまとめ、2カ月後をメドに新ルールを適用する計画だ。日本経済新聞社の取材に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]