/

榛葉氏は「玉木新党」に 立民との合流不参加表明

国民民主党の榛葉賀津也参院幹事長は27日、立憲民主党との合流新党に参加せず、党解散後の「分党」側に加わる意向を表明した。「おそらく玉木雄一郎代表も入る党が、国民の綱領、政策、党名を引き継ぐ。国民のアイデンティティーを継ぐ政党に残りたい」と述べた。静岡市内で開かれた党県連常任幹事会後、記者団の質問に答えた。

県連所属議員の動向については「最終的には個人の判断だ」と述べるにとどめた。次期衆院選で、合流新党と選挙協力を進める考えも示した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン