/

この記事は会員限定です

コロナ下で認知症悪化の懸念 家庭で工夫も

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症の流行拡大で不要不急の外出自粛が求められ、家に閉じこもる認知症の高齢者に影響が及んでいる。本来、認知症の進行予防にプラスとされる外出や人との交流が制限され、認知機能が悪化していると専門医の半数近くが指摘している。

認知症患者の多くは感染すると重症化しやすい高齢者で、マスクの装着や手洗いなどの感染予防行動が徹底できなかったり、人との距離が密になりやすい介護施設で生活したりして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り903文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン