/

寿都町の核のごみ応募先送り、北海道知事「条例順守を」

寿都(すっつ)町が原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場誘致につながる文献調査応募の意思決定を先送りしたことに関連し、北海道の鈴木直道知事は27日の定例記者会見で「条例の順守と慎重な検討をあらゆるレベルで伝えたい」と改めて呼びかけた。

腫れた左目に眼帯をして記者会見する北海道の鈴木直道知事(27日、道庁)

寿都町の片岡春雄町長は26日、当初9月としていた文献調査への応募を判断する時期について「9月中は無理」と話した。鈴木知事は片岡町長が町民や近隣自治体への説明の必要性を認識したためとみている。この問題について片岡町長との会談時期は未定とした。

政府は地元の反対を押し切ってまで建設を強行することには否定的だが、誘致につながる第1弾の文献調査は町独自の判断で応募ができる。今後政府に伝える北海道の意向として鈴木知事は「核抜き条例の趣旨や概要調査に移行する段階での知事としての意見、地域や団体の声」を挙げた。

鈴木知事は左目に眼帯をして会見に臨んだ。朝起きた時点で目が開かないほど腫れており、炎症を抑えるため目薬をした上で眼帯をつけたと話していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン