/

モネ、MaaS車両を開発 コロナ対策キットも

モネが開発したMaaS車両(27日、東京都江東区)

ソフトバンクトヨタ自動車の共同出資会社、モネ・テクノロジーズは27日、次世代の移動サービス「MaaS(マース)」向けの車両を開発したと発表した。車内のレイアウトを柔軟に変えて、移動先でのオフィスや高齢者の送迎などに使える。マースのシステム開発に加え、車両も販売して自治体や企業の需要を取り込む。

架装車両はレイアウトを柔軟に変えられる

27日に受注を始めた「マルチタスク車両」は、トヨタのワンボックスカー「ハイエース」をベースに開発した。床に複数のレールを敷くことで、工具を使わずに後席を取り外したり、駐車時にテーブルを設置したりできる。販売価格は車両と架装が税別820万円から、架装のみは同420万円から。

人の移動だけでなく、幅広い使い方を想定する。電源や照明、モニターを装備するため移動先での作業場に加え、商談や販売スペースとしても使える。モネの柴尾嘉秀副社長は都内の説明会で「ハードとソフトの両面でマースを提案していきたい」と強調した。

車両とは別に、新型コロナウイルス対策として架装キットも開発した。座席間に透明板やカーテンを設置して、運転手や乗客同士の接触を減らす。独自に開発した換気装置で、空気を常に入れ替えられるようにした。価格は税別71万円から。オンデマンドバスや送迎車などの用途を想定する。

モネはソフトバンクとトヨタが2018年に設立した。さまざまな移動サービスのプラットフォーム(基盤)開発を進めている。配車システムに加え、食品やモノの販売、医療サービスを車が移動して提供する構想を掲げる。将来的には自動運転車も活用する計画だ。(駿河翼)

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン