/

北朝鮮が銀行サイバー攻撃 米政府、警戒呼び掛け

【ワシントン=共同】米国土安全保障省や連邦捜査局(FBI)などは26日、北朝鮮のハッカー集団が2月以降、不正に資金を得るため外国の銀行にサイバー攻撃を仕掛けているとして各国に警戒を呼び掛けた。入手した資金は核兵器や弾道ミサイルの開発に使われる恐れがあるとしている。

韓国・坡州の「統一村」から見える北朝鮮の旗=共同

ハッカー集団は北朝鮮の情報機関、偵察総局の傘下にあるとみられ、2015年以降、日本を含む30カ国以上の金融機関にサイバー攻撃を仕掛けた可能性が高いとしている。昨年、動きが静まったものの、今年2月に活動を再開した。

2月以降、被害が出たかどうかは明らかにしていないが、16年にはバングラデシュの銀行から8100万ドル(約86億円)を盗んだと指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン