/

置き配トラブルご注意 コロナ感染予防で利用増

玄関先、マンション入り口など指定場所に宅配荷物を置く「置き配」のトラブルを防ごうと、国土交通、経済産業両省は注意点や各社の取り組み事例をまとめた。

ワイヤでドアノブに結び、施錠できる専用袋OKIPPA=Yper提供・共同

新型コロナウイルスの感染が広がる中、外出の必要がない宅配は需要が拡大。各社は盗難を防ぐ工夫や保険商品の開発に乗り出しているが、共同住宅では住民間のルール作りも求められる。

置き配は再配達を減らせるほか、対面を避けることで新型コロナの感染リスクを下げることもできる。ただ、国民生活センターによると「盗まれた」「指定していないのに置き配された」との相談が寄せられている。

両省は、荷主と消費者が配達方法に前もって合意しておくことが重要と指摘。配達状況をインターネット上で分かるようにしたり、置いた場所を撮影した写真を送ったりしている事例を紹介している。

盗難や破損防止のため、ワイヤでドアノブに結び、施錠できる専用袋OKIPPA(オキッパ)や、置いてから24時間以内なら補償される盗難保険も登場。オキッパを提供する会社の担当者は「盗難防止と補償体制を同時に構築することが必要だ」と話す。

一方、マンションの廊下は共用部のため、荷物を置くと住民同士でもめる可能性も。両省は、配達人によるオートロック解錠の是非を含め「管理組合で運用方法に合意しておくのが望ましい」としている。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン