2100年の気温40度超え? 温暖化論争は決着済み
エコハウスのウソ 地球温暖化はウソ?

コラム(テクノロジー)
2020/9/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

最高気温35度を超える「猛暑日」が続いても「温暖化懐疑論」は根強いと、前真之・東京大学准教授は指摘する。一方で、環境省は2100年の夏には全国の最高気温が40度を超えるという「未来の天気予報」も示している。地球温暖化は本当か、またそれは人間のせいなのだろうか。前准教授が著した『エコハウスのウソ2』(2020年8月発行)を基に、真のエコハウス実現のために欠かせない気象データを読み解こう。

国連の「気…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]