/

サントリーのワイナリーで収穫式 山梨県甲斐市

多くの社員はオンラインで収穫式に参加した(27日、山梨県甲斐市のサントリー登美の丘ワイナリー)

サントリー登美の丘ワイナリー(山梨県甲斐市)で27日、高品質なブドウの収穫と作業の安全を祈願して収穫式が開かれた。例年は栽培や仕込みの担当者ら約50人が参列するが、新型コロナウイルス対策のため各担当の代表らに絞った18人が距離を保って参列。40人ほどの社員がオンラインで参加した。

サントリーワインインターナショナルの宮下敏社長は「日本ワインの市場は新型コロナの影響で厳しいが、例年以上にしっかり作ってしっかり売る。引き続き山梨の地から日本、世界に良いワインを提供していきたい」と述べた。

栽培担当者によると、今年は梅雨が長く生育が心配されたが、梅雨明け後に好天が続き期待できるという。今後は「人の判断が重要で、最高の状態で最高のブドウを収穫してワイン醸造につなげる」とした。

「リースリング・フォルテ」を収穫する宮下社長(27日、山梨県甲斐市のサントリー登美の丘ワイナリー)

式の後、宮下社長らが白ワイン用の自社開発品種「リースリング・フォルテ」を収穫した。

同ワイナリーでは、25ヘクタールのブドウ畑で11種類のブドウを栽培。10月末~11月上旬ごろに収穫を終え、仕込んだワインは来年春に店頭に並ぶ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン