首都圏の鳥獣被害対策、住民も参加 猟師不足背景に
#ハッシュタグ

2020/8/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鳥獣被害対策に地元以外の住民らにも参加してもらおうと、首都圏の企業や行政が工夫を凝らしている。クラウドファンディング(CF)で資金を募ってワナを共同で購入するなど、新しい取り組みも出てきた。猟師の高齢化や人手不足が進むなか、住民らが鳥獣被害対策に一役買っている。

「猟師は高齢化による人手不足に悩み、都市部の狩猟免許所持者は狩りの機会がない。両者を結びつけることで、鳥獣被害の軽減につながると考えた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]