/

この記事は会員限定です

首都圏の鳥獣被害対策、住民も参加 猟師不足背景に

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

鳥獣被害対策に地元以外の住民らにも参加してもらおうと、首都圏の企業や行政が工夫を凝らしている。クラウドファンディング(CF)で資金を募ってワナを共同で購入するなど、新しい取り組みも出てきた。猟師の高齢化や人手不足が進むなか、住民らが鳥獣被害対策に一役買っている。

「猟師は高齢化による人手不足に悩み、都市部の狩猟免許所持者は狩りの機会がない。両者を結びつけることで、鳥獣被害の軽減につながると考えた」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン