「民主化」する中国の官製地上げ
広州支局 比奈田悠佑

グローバルViews
コラム(国際)
2020/8/31 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国南部の広東省広州市で奇妙な観光スポットが生まれて人気を集めている。橋梁の建設に伴う政府の立ち退き要求を拒否し、橋のど真ん中に取り残された住宅だ。中国では地上げに抵抗し、風景の中にぽつんと浮き立つ建物とその住民を「釘子戸(ディンズフー)」と呼び、海外でも「ネイルハウス」と称され度々話題を呼んできた。国内外で注目を集める釘子戸だが、最近では政府と住民との関係の変化も映している。

「あっという間に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]