/

イランへの査察時期「非常に近い」IAEA事務局長

【ジュネーブ=細川倫太郎】国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は26日、イランと合意した核関連施設に査察に入る時期について「非常に近い」と述べた。イラン当局などと調整後、すみやかに査察官を派遣するとみられる。ロイター通信が報じた。

空港で記者団の取材に応じるグロッシ事務局長(26日夜、ウィーン)=ロイター

グロッシ氏は訪問していたイランからIAEA本部があるオーストリア・ウィーンに帰国後、空港で記者団に語った。具体的な査察日程は明らかにしなかった。

IAEAとイランは同日、過去に秘密裏で核関連活動を行った疑惑がある2カ所の施設について、イランが自主的に査察を受け入れることで合意した。グロッシ氏は24日から事務局長就任以来、初めてイランを訪問。ロウハニ大統領やザリフ外相、サレヒ原子力庁長官らと会談した。

米国は、これまでイランが査察を拒否してきたことを強く非難。他のIAEA加盟国も懸念を示し、6月の理事会では査察受け入れを求める決議を採択していた。イランは協力姿勢に転じることで、国際社会での孤立を回避する狙いがある。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン