座席は社員の6割、機密自宅で活用 在宅勤務が日常に
新型コロナ・中部の衝撃 車部品サプライヤー新常態(下)

2020/8/27 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

在宅で働く社員がすでに7割いるなら、わざわざ一等地に本社を構える必要はない――。

新型コロナウイルスの感染拡大がきっかけとはいえ、そんな思い切った考えを行動に移したのがジェイテクトだ。2021年1月、名古屋駅前の複合高層ビル「ミッドランドスクエア」に置いていた名古屋本社を、刈谷工場(愛知県刈谷市)内に移す。人事部や経営企画部、経理部といった間接部門の約230人の働く場所が変わる。

■机100人分撤

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]