/

この記事は会員限定です

テスラが引っ張る世界のDX相場(藤田勉)

人生100年こわくない・地球株の歩き方

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染が加速する中で、米国のハイテク株を中心とするナスダック総合株価指数は連日のように史上最高値を更新し、米国株全体でも半年ぶりに最高値を更新した。ところが、いまだに「バブルだ」「実体を無視している」「コロナ第2波がやってきて相場が大崩れする」と主張する専門家が多い。

10年に1度の構造変化

弱気論者はこれまでの経験則で物事を考えており、10年に1度の構造変化を根本的に見誤っている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2768文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン