/

この記事は会員限定です

缶酎ハイ増産にビール工場の人材活用 キリンビール

[有料会員限定]

キリンビールは缶酎ハイを増産する。約75億円を投じて宮城県の工場に生産ラインを2022年2月に新設し、全社の生産能力を3割高める。ビール系以外のアルコール商品の需要の伸びに対応する。ピークより市場が3割縮小するビール系飲料の人材や一部施設を活用し、生産の効率を高める。

キリンはビールを造る仙台工場(仙台市)の建屋内に酎ハイの主要ブランド「氷結」や「キリン・ザ・ストロング」などの生産ラインを新設する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン