/

この記事は会員限定です

コロナとインフル同時流行に備え 接種、高齢者ら優先

[有料会員限定]

新型コロナウイルスとインフルエンザがこの冬に同時流行する「ツインデミック」への懸念が高まり、インフルワクチン接種の重要性が増している。厚生労働省の専門部会は26日、高齢者や医療従事者、妊婦、子どもの接種を優先する案を了承した。ただ全国民には行き渡らないため、混乱を避ける体制づくりが不可欠だ。

2019~20年の冬のインフルは推定患者数が700万人と例年に比べて小規模な流行だった。しかし、けいゆう病...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1146文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン