/

この記事は会員限定です

沖縄電力吉の浦火力発電所 初のLNG発電、販売も

九州・沖縄 拠点を探る

[有料会員限定]

沖縄電力の吉の浦火力発電所(沖縄県中城村)は、同社初の液化天然ガス(LNG)を燃料とする火力発電所だ。同社は二酸化炭素(CO2)の排出量が少ないLNGへのシフトを進めている。出力が計50万2千キロワットと同社で最大規模の電力供給拠点であるだけなく、LNG販売も手がけており、収益面でも重要な拠点となっている。

沖縄本島中部、太平洋を望む場所に同発電所はある。敷地面積は19ヘクタール弱と、東京ドームおよそ4個...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り935文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン