/

この記事は会員限定です

AIが賃料提案、内見は非接触で 不動産業界変革中

[有料会員限定]

コロナ禍で不動産業界が揺れている。東京五輪を控えた活況が一転、都心ではオフィス不要論まで飛び交い賃料や売買の動向は読みづらくなっている。対面営業が多い中小の仲介会社も営業に苦心しており、デジタル技術活用の遅れも目立つ。そうした業界を支援するのが「不動産テック」のスタートアップだ。まだまだ残る非効率な物件の探し方や売り方を断ち、変化の波を乗り切る処方箋を指し示す。

「渋谷の相場が下がっているな。賃料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3003文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン