「核のごみ」寿都町に包囲網着々、知事に幌延の教訓

2020/8/26 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道寿都町が高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場誘致につながる文献調査への応募検討を表明して2週間。すぐさま反対を表明した鈴木直道知事は近隣市町村や漁協の援軍を得て包囲網を築き上げつつある。異例のスピード判断の背景には2019年の苦い教訓がある。

「文献調査だけでもマイナスイメージがあるというのは事実」。26日、寿都町議や地元の業界団体関係者との意見交換を終えた寿都町の片岡春雄町長はト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]