/

この記事は会員限定です

「核のごみ」寿都町に包囲網着々、知事に幌延の教訓

[有料会員限定]

北海道寿都町が高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場誘致につながる文献調査への応募検討を表明して2週間。すぐさま反対を表明した鈴木直道知事は近隣市町村や漁協の援軍を得て包囲網を築き上げつつある。異例のスピード判断の背景には2019年の苦い教訓がある。

「文献調査だけでもマイナスイメージがあるというのは事実」。26日、寿都町議や地元の業界団体関係者との意見交換を終えた寿都町の片岡春雄町長はトー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1460文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン