山形銀、洪水対策見直し 7月豪雨で止水壁設置や訓練

地域金融
新型コロナ
山形
東北
金融機関
2020/8/26 19:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山形銀行は洪水への備えを見直す。7月の豪雨で上山支店(山形県上山市)が浸水被害を受けたことを受け、止水壁などを支店に設置。洪水を想定した訓練も定期的に実施する。新型コロナウイルスの感染拡大で事業継続計画(BCP)の見直しを進めているが、幅広いリスクに対応する。

上山支店は7月28日の閉店直後に水が浸入。床下の電気設備が影響を受けて2日間休業した。2019年、17支店に浸水リスクがあることを把握し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]