/

東京都武蔵野市、PCR検査能力10倍へ医療機関に補助金

東京都武蔵野市は26日、市内のPCR検査能力を現在の10倍の1日最大500件に高めるため、検査を実施する医療機関に補助金を支給すると発表した。検査を実施することを市や市医師会のホームページで公表した医療機関に30万円の補助金を支給する。

唾液を検体とする検査をしてもらう。補助金は検体を保存する冷蔵装置などの設備購入に充てることを想定している。ホームページでの公表は週内に始める予定だ。

市内では現在、検査センター1カ所と救急病院1カ所がPCR検査を実施し、検査能力は1日最大50件。補助金により小規模な医療機関も含めて検査実施を受け入れてもらいたい考えだ。現時点で32カ所から受け入れの内諾を得ているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン