/

玄海原発 対テロ施設の計画認可、九州電力

九州電力は26日、玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)の3号機と4号機について、テロ対策施設「特定重大事故等対処施設(特重)」の全ての工事計画が原子力規制委員会から認可されたと発表した。同施設は3号機が2022年8月、4号機が同9月までに設置する必要がある。九電は計画の認可を受け、期限内での工事完了を目指す。

九電は同施設の工事計画を3分割して申請していた。今回、最後に残っていた「新たに設置する設備等」に関して規制委から認可を受けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン