/

この記事は会員限定です

CO2を資源に、厄介者を再利用 石炭火力削減へ

[有料会員限定]

気候変動対策が国際的な課題となるなか、脱炭素社会に向けた技術開発が加速している。政府は7月、温暖化ガスの削減につながる新しいインフラ輸出戦略の骨子をまとめた。戦略に盛り込まれた技術の一つが、CCUSと呼ばれる二酸化炭素(CO2)を回収して再利用する方法だ。日本が強みを持ち、海外での利用も期待されている。

CCUSは大量に出ると困る温暖化ガスを巧みに利用する。「Carbon dioxide Captu...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1863文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン