/

この記事は会員限定です

大相続時代が到来 家計はどう備える?

人生100年の羅針盤

[有料会員限定]

2025年には団塊の世代がすべて75歳以上になり、日本は超高齢化社会に突入します。すでに死亡数は毎年130万人を超え、高齢者が保有する不動産や金融資産を、どう後継世代に継承していくのかが家計にとって大きな課題になっています。大相続時代への備えとは――。相続税対策を軸にその処方箋を探りました。

(1)知っておきたい相続税 「名義預金」に注意
親や配偶者が亡くなり、悲しみの癒える間もなく直面するのが相続の問題です。正しい知識を身に付けて、正しく対処しましょう。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り335文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン