/

この記事は会員限定です

八甲田遭難の真相追う 縄田一男氏が選ぶ3冊

囚われの山 伊東潤著

[有料会員限定]

まず、名作『八甲田山死の彷徨』(新田次郎)なにするものぞという気概やよし。

とかくミステリー的手法をとるとキワもの的になりがちだが、本作に関しては、三好徹が「推理小説は探究の文学である」といったことを想起させ、迫真性あるドキュメントノベル足らしめている。

八甲田遭難に関する現代からの取材や追跡行、さらには小説的構成等が事件の真相を重層的に浮かび上がらせていく。その中で、主人公の歴史雑誌編集者が、こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り421文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン