お蔭様 舞踏家 麿赤兒

エッセー
2020/8/27 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

私は先に汎表現主義者だと標榜したが、もう少し限定すれば汎舞踏主義者でもある。全宇宙の、この愛らしい小さな星の有機物無機物の全てが、目的の有無に拘(かか)わらず相互に絡みあい、或(ある)いは操り、操られて「舞踏」しているのだと考えている。

生物の身体は「容器」であって、外部からその中に入り込むモノゴトは、質も量も多種多様で計り難い。ここで全生物について語るのは私の手に余る故、ホモ・サピエンスに限っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]