/

西日本高速の7月通行台数 14.1%減

西日本高速道路が26日発表した7月の1日当たり通行台数は前年同月比14.1%減の260万9000台だった。前年同月を下回るのは6カ月連続。料金収入は同16.4%減の561億円だった。お盆期間(8月7日~16日)の代表15区間の平均交通量(速報値)は1日当たり3万4600台と前年同期比31%減った。

同日、オンラインで記者会見した同社の前川秀和社長は6月の通行台数(13.9%減)に比べ減少幅が拡大したことを踏まえ「足踏み状態となっている」と述べた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン