/

この記事は会員限定です

終戦の文庫本 マンガ家 とり・みき

[有料会員限定]

8月が終わった。

本邦では昭和天皇の玉音放送があった日を「終戦の日」としているが、もともと祖霊を招き入れる旧盆と重なったことで、乗倍くらいの感覚で死を身近に感じざるをえない日になった、と個人的には思っている。

この時期、テレビでは戦争関係の特番が制作・放送されるのが通例となっている。今年もそうなっていた。戦争そのものは体験していなくとも、毎年お盆の時期に復習というか疑似体験学習が組まれているような...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1112文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン