コロナ閉店、福岡中心部で拡大 空き物件増加懸念

2020/8/26 18:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福岡市の中心部で、飲食店などの閉店が増えてきた。目抜き通り1階や大型商業施設近くなど、一等地で店を構えてきた大手チェーンの撤退が目立つ。新型コロナウイルスの影響で客足が減り、家賃の支払いが重荷となったためで、各社は店舗戦略の見直しを進めている。企業の新規出店の動きは鈍く、このまま空き物件が増えれば、街のにぎわいに影響が出る可能性がある。

「閉店のお知らせ 長年のご愛顧に心より感謝を申し上げます」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]