/

この記事は会員限定です

遺言書を書くポイント 「不公平感」が出ないよう配慮

人生100年の羅針盤

[有料会員限定]

自分の配偶者や子が相続でもめることはない――。ほとんどのシニア層は、幾分の願望も込めてこう思っているに違いない。だが遺産分割を巡る紛争は増加傾向にある。しかも遺産額があまり多くないほどもめやすいのが現実だ。「自分の家族は例外」と考えずに対策を考えておく必要がある。そこで注目されるのが「どの財産を、誰に、どれくらい分けるか」を被相続人が書き残す遺言だ。具体的にどうすればいいのだろう。

Q 遺言にはいくつか種類があるが、どう違うのか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン