/

この記事は会員限定です

アベノミクスの展開 息切れした3本の矢

学び×平成の経済史(5)小峰隆夫・大正大学教授

(更新) [有料会員限定]

2012年末の第2次安倍政権発足後、今日に至るまでのアベノミクスの展開を振り返り、ポスト・アベノミクスの経済政策を展望してみよう。

3本の矢の登場

12年12月に発足した第2次安倍政権は、デフレからの脱却を至上命題として掲げ、これを実現するために「3本の矢」を打ち出した。第1の矢は「大胆な金融政策」である(詳しくは後述)。第2の矢は「機動的な財政政策」であり、これを受けて、13年度のGDPベースの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2970文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

学び×平成の経済史

バブル崩壊、金融危機、リーマン・ショック、そして長引くデフレ――。平成の時代に日本経済は大きく変わりました。令和にかけて政権を担った安倍晋三首相が辞任を表明するなど今なお混迷は続きます。旧経済企画庁の出身で「平成の経済」などの著書をもつ大正大学教授の小峰隆夫さんがこの30年あまりの動乱を振り返り、現在に通じる課題や教訓を探ります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン