/

この記事は会員限定です

「居住権」で自宅を確保 配偶者の権利活用

人生100年の羅針盤

[有料会員限定]

相続法の改正で注目が集まったのが配偶者の立場を守る新たな仕組みの創設だ。夫を亡くした後も慣れ親しんだ家に住み続けたい妻、義理の親を介護し続けてきた嫁。遺産を巡る親族同士の争いが起きても、せめて生活には困らないようにしたい。ポイントや注意点をおさえよう。

4月に始まったのが「配偶者居住権」の枠組み。所有権ではないが、亡くなった人の配偶者が自宅に住み続けられる権利だ。期間を区切っても、終身でも設定でき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1267文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン