/

新潟・上越の介護施設、VRで研修 コロナ対応も

社会福祉法人の上越あたご福祉会(新潟県上越市)は、仮想現実(VR)映像を活用した介護研修を導入した。VR映像制作のジョリーグッド(東京・中央)の製品を採用し、新型コロナウイルスにも対応した研修を進める。

ZoomやVR機器を活用した(新潟県上越市)

8月下旬に上越市内の老人ホームなど5施設で遠隔研修を実施した。入職3年未満の職員を中心に、オンライン会議システムの「Zoom」を使って心肺蘇生や誤嚥(ごえん)対応に関して説明。各施設に配布したVR機器で実践的な演習を受けた。

同法人はジョリーグッドのVR機器を10台購入している。同法人の担当者は「今後は実習生向けにも活用したい」としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン